ローヤルゼリーの効用を知ってアンチエイジングしましょう

2009年07月08日

ローヤルゼリーと自律神経

ローヤルゼリー自律神経失調症が改善された話をよく聞きます。


では、自律神経とはいったいどういうものなのでしょうか?


自律神経は交感神経と副交感神経の二つに分かれています。

交感神経は、昼間、心身を活動させるときの神経です。
別名「昼の神経」と呼ばれます。
交感神経が働くと、瞳孔は拡大し、心臓の拍動は速くなり、
血管は収縮して血圧を上げ、体はエネルギッシュな状態になります。


副交感神経は、夜、体を緊張から解きほぐし、
休息させるように働く神経です。

別名「夜の神経」とも呼ばれます。


副交感神経が働くと、
瞳孔は収縮し、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下降して、
体も心も夜の眠りにふさわしい状態になります。


私たちの健康は、
交感神経と副交感神経が
いつもバランスを保ちながら働いてくれることで保たれています。


でも、悩みや心配事などにより交感神経の活動がつづいたり、
生活のリズムの乱れによって副交感神経の活動が続いたりすると
二つの神経の切りかえがうまくいかなくなり
自律神経のバランスがくずれます。


自律神経失調症の症状は
心臓、血管系、消化器系、筋肉・関節系、皮膚系、生殖器系、神経系と
体のいろいろなところにでてきます。


ローヤルゼリーは、
これらの自律神経を若返らせる働きを持ち、
全身状態を正常な働きへと導いてくれます。



ローヤルゼリーが自律神経の老化防止に役立つという
臨床データも数多くあります。


特にローヤルゼリーに含まれるビタミンB群が
自律神経の調整にとても良いようです。


posted by ローヤルゼリーナビゲーター at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ローヤルゼリー 自律神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。